2014年7月 - News:豊和株式会社

News

News

2014年7月

Free&Easy  2014年9月号

2014.07.29

515u0Y6FwHL._SL500_AA300_.jpg 
 
イースト・コミュニケーションズが月刊発行しているファッション情報誌 Free&Easy
 
7月30日に発売される2014年9月号に豊和株式会社が紹介されています。 
 
豊和株式会社の多種多様な加工が写真で紹介されています。 
 
ご興味のある方は、是非ご覧下さい。
 
                         企画開発課  三好 啓太
 

ヒステリック・ミニ  ベスト・パートナー賞

2014.07.24

s-CIMG4145.jpg


s-CIMG4146.jpg
 
先日、ヒステリック・ミニ様より豊和株式会社が多くの取引会社の中から
2014年ベスト・パートナー賞に選んで頂けました。
 
感謝状  記念の盾  記念フィギア を頂戴いたしました。
 
日々のお仕事の成果を褒めて頂けた事を社員一同感謝しています。
これからも、この賞に恥じないように業務していきたいと思っています。 
 
                 企画開発課   三好 啓太

インディゴ染め vol.2 2014 7/19

2014.07.19

藍染めとインディゴ染め
 
蓼藍(タデアイ)という植物から出来たスクモで染める本藍染め
合成藍から出来る藍染(インディゴ染め)
 
本藍染めと合成藍染め(インディゴ染め)では科学的な識別が出来ません。
 
例えれば、レモンのビタミンCとハイシ?レモンのビタミンC 
みたいな違いかと考えています。 
 
豊和株式会社では染め加工代を安価に提供する為に合成藍(工業インディゴ)を使用しています。
 
 
写真は合成藍(インディゴ)をアルカリで還元している状態です。
 
空気に触れている部分は酸化していて藍色になっていますが
その中は還元されているので黄色い色をしているんです。

企画開発課  三好啓太
 
s-IMG_0256.jpg 
 


 

インディゴ染め vol.1 2014 7/18

2014.07.18

豊和株式会社では、この度製品インディゴ染めの機械を新たに導入いたしました。
 
これにより製品加工でお手伝い出来る巾が広がりました。
 
布帛、ニット、カットソウ、ナイロン等々染める事が出来ます。
 
以前から豊和株式会社が提案してきた環境に優しいエコブリーチ、オゾン脱色、レーザーによる脱色とインディゴ染めを組み合わせる事により新たな商品をご提案出来ると確信っしております。
 
ご期待下さい。
 
写真はインディゴの染色中の写真です。
 
インディゴ染料は水に溶けにくい為、薬品にて還元状態にして水に溶けやすくいたします。
このままではすぐに酸化が進むため染色機の釜には窒素を注入して酸化を防ぎます。
 
この還元状態で染めている時、インディゴの藍の色ではなく
黄色い色になっています。
 
釜から取り出す時、酸素に触れると藍色に即座に変わります。

なんとも不思議な光景なんです♪
 
企画開発課   三好啓太
 
IMG_6159.jpg